FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
2007.04.29 Sun
昨日、対戦会が行われ15名の方が参加してくださりました。
皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして、優勝したAzさん、本当におめでとうございます。

今回は一人の欠席も出ることなく、皆さんが本当によく心配りをしてくださったので、運営側としては非常に楽で、また皆さんが頼もしかったです。

パーティー登録情報の詳細、決勝戦の対戦ログ、被り度チェックを載せておきましたので、是非ご覧下さい。
また、何名か、登録のミスがあったようですが、それについてはここに返信してお知らせ下さい。隠しメッセージを使用していただいてもOKです。



では、以下、主催としての感想を述べていきます。

まず、反省点を述べると対戦会を行う告知が一週間前と非常にあわただしかったこと。
特に、育成の手間がかかるこのゲームでは、よろしくなかったです。
また、対戦会中はチャットを参加者以外見れなくしていたのですが、本当にその必要があったかというとそうでもなく、もっと上手くできたのではないかと考えています。
そのあたりの反省点は次回に生かしたいと思っています。

皆さんの使用されたパーティーについての所感ですが、一番思ったのはバラエティーが増えたこと。
これについては、

前回の対戦会の登録情報の公開
対戦界全体でのメタ変化
戦略開拓が進んでいる
個人の創意工夫

など、色々考えられそうですね。



では、次にせっかくログを取ったので、それについての私なりの解説を行います。

<ターン1>
Azさんは「こだわりスカーフ」持ちウインディ使用です。
★☆MARIO☆★さんのパーティは物理ポケモンが多く、「おにび」は非常に有効そうですね。
トゲキッスを交換で出されても、1ターンに砂嵐込みで3/16のダメージ蓄積。これは大きいです。
バンギラスが攻撃してきても「いかく」が入っているので1発は耐えるらしく、「おにび」をまずいれようという意図が伺えます。

★☆MARIO☆★さんは自分のバンギラスが「ラムのみ」持ちだと分かっているので、もし火傷がきても次のターンに「いわなだれ」で倒せる体制を作れればよく、「りゅうのまい」による先手後手反転(実際は相手がスカーフ持ちで無理だったのですが)及び「いかく」で下がった攻撃を戻すという意図が伺えます。


<ターン2>
Azさんは技変更できない状態ですが相手を火傷にするのを重視していると思われます。それにしても2連続外れはちょっと運が悪いですね。2連続で外れる確率は6.3%。
★☆MARIO☆★さんは、見事に「りゅうのまい」の効果が残っている状態でウインディを倒すことを成功させます。


<ターン3>
★☆MARIO☆★さんは、「ちょうはつ」を選んでいます。これで「グライオン」の「はねやすめ」による回復を封じたこととなります。

Azさんは目の前の相手に強い行動をとるなら「じしん」か「ハサミギロチン」。
「いわなだれ」によるひるみや相手交換の可能性も考え総合評価した結果、「ハサミギロチン」は良さそうだと判断できます。
ただ、ここでバンギラスが「みがわり」持ちだったら結構怖いですよね。相手が何を持っているのか分からないのもポケモンバトルの面白い所だと思います。


<ターン4>
ここで★☆MARIO☆★さんは、「りゅうのまい」。

Azさんは、ハサミギロチンをヒットさせます。
ちなみに2発撃って少なくとも1回当たる確率は51%とかなり高い確率です。


<ターン5~8>
★☆MARIO☆★さんは、ガブリアスを場に出します。相手は「すながくれ」発動で「ハサミギロチン」持ちなので、ターン数のかかる可能性のあるトゲキッスを出すよりは「みがわり」持ちのガブリアスの方がよさげですね。
まず、先手「みがわり」+回避アップによる攻撃回数の確保をしようとしています。また、「みがわり」は相手交換の選択肢にも強いですしね。
この状態で、命中100の技が3連続ヒットする確率は37.3%。ちなみに3回中1回外れる確率は43.5%です。

配分にもよりますが、ガブリアスの「ドラゴンクロー」でグライオンが4発。
なので、★☆MARIO☆★さんとしては「つるぎのまい」を使う隙を作りたい意図もあると思われます。
「つるぎのまい」使用により2発圏内になり、グライオンは再生回復が追いつかなくなります。また、すながくれによる確率で生き延びることもやりにくくなります。グライオン撃破に成功したら最後の一体を攻撃アップの状態で迎えられるのも利点です。

このあたりの駆け引きは面白いですね。


<ターン9>
★☆MARIO☆★さんは最後の1体「こだわりスカーフ」持ちトゲキッスを場に出します。

Azさんは、まず「こおりのキバ」によるダメージ蓄積。
多分、相手の技を一度見ておく意図もあったのではないかと考えられます。「リフレクター」持ちだった場合に攻め方を変えることもできるのが利点ですね。


<ターン10~11>
Azさんは、メタグロスに交換。
ルールだと、「だいばくはつ」で共に全滅すると、爆発した側の負けとなるので、それも考慮に含まれていると思われます。
そして、「だいばくはつ」によってトゲキッスを倒します。


では、このログ全体についての感想を。
まず、一番印象深いのが交換が一度しか行われていないことです。これは興味深いですね。
また、比較的どのような相手にも対応できるような攻撃手段が多かったと思われます。「こだわりスカーフ」持ちウインディの「おにび」であったり、ガブリアスの「みがわり」であったり、狭い仮想敵を設定するよりは、できるだけ不測の事態にも幅広く対応できるようにという印象を受けました。
その結果、タイマン戦がより重要視されるのかもしれないですね。

ログについては私なりの考えなので人によっては解釈が異なることもありえそうですね。
ログを見て研究したり意見を持てると対戦をより深く考えられるようになると思うので、どこかにログや対戦動画があれば注意深く見ると勉強になりますよ。
囲碁とかでも棋譜を見て研究してますしね。


色々と書きましたが、皆さん本当にお疲れ様でした。
楽しいゴールデンウィークを過ごしていただけたらと思います。
スポンサーサイト



2007.04.28 Sat
対戦会の登録受付は終了しました。
定員に満たないため、全ての方の参加登録を受理いたしました。
登録内容は最後に投稿したものを適用しております。

対戦会は21:00より始まります。
その時間までにチャットルームにお越し下さい。
21:15分以降はチャットルームにパスワードをかけるので遅刻にご注意を。
また、21:00以降簡単な説明をしますので、説明の聞き漏れがあると再度説明するために手間が必要で時間通りに来た人には迷惑がかかるので、時間厳守でお願いします。

対戦会と銘打ってはいますが、楽しんでバトルをしていただけたらと思います。
質問等あれば、このブログか、質問用スレッドにて、気軽にしていただければと思います。
--------------------------------------------
10:25追記

登録状況及びブロック分けページを作成しました。
参加される方は間違いが無いかどうか、念のため確認をよろしくお願いします。
2007.04.22 Sun
ゴールデンウィークの初日である4月28日(土)に対戦会を行います。
奮ってご参加下さい。

詳しくは、対戦会告知用ページをご覧下さい。
今回は決勝戦のログ取りを行うのが大きな特徴で、ログを取るために決勝バトル中は対戦者に実況をしていただきます。
本当は全試合でログをとりたいのですが、各人にログを取ってもらうのも大変だということで決勝だけにしました。

今回、告知が一週間前とかなり慌しいことに関しては御詫び申し上げます。
2007.04.05 Thu
かなり遅くなってしまいましたが(ちょいとパソコンが壊れるというアクシデントがありまして申し訳ない)、本日は対戦会について書きます。
まず、参加された皆様お疲れ様でした。
そして、決勝トーナメントに進まれた皆様、そして、優勝したさくらさん、本当におめでとうございます。
賞品がないケチな対戦会ではありますが、皆様大健闘だったと思われます。

今回は、期間内に予選ブロック戦をしてブロック内での総当たり戦を行うという形式でしたが、全試合を消化できない事態が発生したのは大きな反省点でした。
また、予定の都合をつけるのが参加者任せになり、上手く時間通りに試合が出来ず大きな待ち時間をとらせることになる事態も発生したりしたので、これを反省点として次回は参加される方が試合に専念できる環境を整えようと思います。
土曜の夜にまとめてやるようにするのが一番いいかなと考えております。

対戦会の狙いとしては、対戦機会を設けること、また一応対戦会という名目になってはいますし成績も出力はされるのですがそれよりは楽しんで対戦できるようにしたかったのですが、時間面で参加された方にストレスを与えることになってしまったのがやはり一番の反省点でした。



では、以降ルールについて書いていきます。
今回はシングルバトルの6体エントリーから3体選出するルール。レベル50。参加できるポケモンはバトルタワー準拠。
これが主要なルールとなっていました。

ダイヤモンド・パールの対戦でしばしば話題に上がるのが俗にいうマイナーポケモンとメジャーポケモンの格差です。
メジャーばかり使うのは厨ポケを使ってしか勝てないことの裏返しだ、勝つことだけに執着するのか、マイナーポケモンを使うのは美徳だ。
よくこのような考え方を目にしますが、どのような言い回しをしても相手の言い分を聞かない限りは自分の価値観の押し付け、あるいは自分の主張だけをする不毛な状態となるので、このような議論をすることも不毛だと考えています。
ただ、価値観の持ち方は「思想の自由」という言葉に代表されるとおりどのような持ち方をしてもいいと思うので、どのようなポケモンを使ってもいいと言えます。
といっても、自分の好きなポケモンを使いたいという価値観を持つ人は当然いるだろうし、そのあたりに合わせてルールエディットできるのもポケモンバトルの魅力の一つだと思います。欲を言えば、ソフト側でルールエディットしたり、エディットルールを通信した相手の環境にも適用出来るようになればいいんですけどね。

それで、今回の対戦会ですが、個人的に一番印象に残ったのがラテイオス、ラティアス、クレセリアが非常に少なかったこと。(これらのポケモンを使用するのが悪いといってるわけではありません)
また、ガブリアスも少なかったです。ガブリアスが少なかった背景は想像するしかないですが、まず真っ先に対策されるポケモンであること。また、弱点をつきにくく意外に何体も倒すまでには至らないことが多い。更には弱点をつく技が少ないため、1ターンで即倒せる状況を作るのが難しいこと。また、1体倒したあとはスカーフの有無がばれているケースも多くゲンガー等の無償での場への登場を許しやはり全抜きは難しいこと、このあたりが原因なのかもしれません。
特に多かった使用ポケモンはゲンガーで、安定感こそないもののどのような型にしても強いです。相手の立場から見ると、どの型か序盤は分からないためその意味でも対処しにくいといえるのではないでしょうか。その対処策の一つとして「ねごと」ハピナスも使用されるほどでした。
ギャラドスも非常に多く、やはり出来る仕事が多く、水ポケモンを突破するのが少し大変なこと以外は優秀なのが背景にあるのではないでしょうか。「りゅうのまい」を持たせるとき「ちょうはつ」を持たせるか「みがわり」を持たせるかの二つのパターンがあったのが印象的でした。
ドータクンの使用率も高く、なんだかんだで便利ということでしょうか。特にドラゴンは氷技所持のポケモンを1体いれば対処できるというものでもないし、鋼ポケモンは重要な位置づけにあるのかなと感じました。対ドラゴン以外も対メタグロスなどいけますし凶悪な技も多いですしね。
また、今回は以前と比べて飛行が多く、以前よりも対格闘、特に対ヘラクロスも意識されだしているのかなと感じました。
広範囲特殊受けが激減しているのも面白く、特殊を受けることと物理を呼ぶことを天秤にかけたとき、物理を呼ぶのが嫌だと感じる方が多かったということかもしれません。ただ、そうなるとアグノム、スターミー、フーディン、ゲンガーあたりの対処が難しくなり、ハピナスなどの極端な対処方法を用いずにいかに処理するかは注目すべき点かもしれません。
以上の意見は私のような素人の意見なので、対戦を日々こなしている方から見ると色々おかしな場所もあるかもしれません。

それで、皆さんのパーティー公開の件ですが、今週末の土曜か日曜に作成できればと考えています。

対戦会は、今後も行うことも計画しており、今までの対戦会どおりのルールでやったり、あるいは他のルールで行うこともあるかもしれません。例えば6体戦とかダブルとかリトルカップとか。
では、長くなりましたが、このあたりで失礼致します。
2007.03.18 Sun
昨日のチャットに参加された皆さんお疲れ様でした。
色々段取りが悪かったり、いくつか指示を間違えて申し訳なかったです。

これから春休みに入る方もいらっしゃると思われますが、旅行とか引越しの予定が入る方もいらっしゃると思われるので、自分があいていても相手の方があいていないこともありえるので、対戦会専用掲示板に自分のスレッドを作成し、自分の都合のどうしてもあわない日を明記すると共に、積極的に早め早めに動くことをオススメします。


では。
Template by まるぼろらいと