FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
2007.08.30 Thu
8月はかなりご無沙汰してました。すみません。

現実世界のほうの仕事は大分落ち着き始めまして、9月は8月よりは緩くなりそうな気がします。なので、幾つか記事を挙げたり、コンテンツを作成できるかもしれません。
ただし、いつ新しい予定が入るか分からない状況なので、下手をすると9月も忙しくなります。そうなった時はその旨お伝えいたします。とりあえず、更新ペースは明らかに遅いので、更新を期待してくださっている方には本当に申し訳ないです。

ちなみにwi-fi対戦の件ですが実はまだ環境が整っていません。また、明日から三日間東京出張が入ってしまい、大会の決勝には絶対間にあわない状況となってしまいました。ただ、一つ朗報もありまして、10月から私は東京に転勤で引っ越す、つまり環境が変わるのでそれで接続可能になるかもしれません。ただ、接続可能になるかどうかは結局のところ分からないので駄目ならば申し訳ないとしか言えないです。対戦ができずじまいで終わってもパーティーだけは晒しますね。(フェスタのワイヤレス対戦のログをとっとけばよかったと後悔してます)


ちなみに、今月はお金を稼ぐことは大変だと身をもって感じました。とりあえず、一週間の平均残業時間35時間ペース(週の平均労働時間75時間)で働いてやりました。一週間に40時間以上働かせてはいけない気もするのですがそれは所詮幻想。隣の会社もその隣の会社も一日中電気ついてるし。学生の方は扶養してくれる方がいると思うのですが、大事にしてあげて下さい。というか、働きすぎた人を家族が冷たくあしらうと過労死する人が本当に出かねないとつくづくと感じました。といっても、多分、この国に生まれているだけ幸せなんでしょうね。食べていくのも大変な国とかありますから。


・メモ
シングルバトルの話ですが、スピアーが「みがわり」「がむしゃら」「バトンタッチ(XD)」を覚えるのは案外おいしい気がします。
オオスバメより素早さで劣りますが、スピアーの素早さ種族値75は一段階アップすると色々抜ける数値なので(といっても素早さに振ると3/4以下ダメージ調整が難しくなるのも事実です。あえてHPを落とす手もありますし、耐久調整がかなり熱いポケモンであることは間違いないです)後攻身代わりからの先手後手逆転も狙えますし、結構テクニカルな使い方ができる気がします。なんといっても「がむしゃら」だけでなく「バトンタッチ」があるのがおいしいです。ドーブルも同じことはできるんですけどね。
GBA時代に某氏により、ネトバでかなり試運転されていたようです。
スポンサーサイト



2007.08.11 Sat
しばらく、ごぶさたしてました。
夏休みだというのに、朝から夜の10時くらいまで働かされる挙句休日まで拘束されるという素敵な環境にあるので、なかなかサイトの更新ができません。といっても、まだ日が変わらないうちに家に帰れるのでマシなほうかも。冷房代節約できるし。
サイトでやりためていることがあるので、更新したいところなのですが、しばらくは超スローペース更新が続きそうです。愚痴っても仕方ないので、ひさびさに簡単な文章でも書いて見ます。



最近、ダブルバトルでの耐久性能の高いポケモンについてよく考えています。ちょうど幕張でも活躍したそうですし。
ダブルバトルでは集中砲火される可能性もあることから、耐久の高いポケモンはあまり推奨されていない気はするのですが(ラティアスとかは人気高そうですが)、集中砲火されるということは少なくとも相方は技を受けません。相方が技を受けるときは必然的に固いポケモンが攻撃を受ける機会は減る、つまり多くの行動機会を確保できやすいので、そんなにネタでは無い気がします。

あと、もう一ついえるのは意外に破壊性能を出せる可能性があること。例えば、メタグロスはレベル50で攻撃205までいきます。能力103以上のポケモンが1回2段階アップの効果で能力を上げればこの数値に到達すると前向きに考えれば、なかなか強く感じるのではないでしょうか。
もちろん、相手の「みがわり」「ちょうはつ」あたりに弱いのですが、これらの選択肢がきたときは相方が技を受ける機会が減るので、そのあたりを考えて駒を動かすとなかなか面白くなりそうです。
ただ、高い破壊性能を出すには能力アップなどに依存しなければならず、ターン数がかかる点が問題で、相手もすぐにやられないことから割と自由に動ける点は注意する必要があります。


固いポケモンは無視されっぱなしのことが多かったり、催眠パにも対抗したいことから、個人的には眠り回復の実を持たせて「みがわり」とかさせてみたいです。「ちょうはつ」を警戒するなら2体がかりでの催眠技対策もかねて「このゆびとまれ」を相方に使わせるのがよさそうですが、そうなると「トリックルーム」パーティーになりそうですね。
ところで、個人的に「トリックルーム」パーティーには「ふういん」よりも「みがわり」が好みなのですがどうなのでしょう。
Template by まるぼろらいと