FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.14 Wed
各地の掲示板を見ている限り役割理論の需要はかなり高いようなのでコンテンツを作っておきました。

最近、役割理論について詳しく知れる機会があったので、それが大きく反映されています。
役割理論は、金・銀の時代に作られた理論でそれをまとめただけなのですが、結構フィルターがかかっている気もします。

何故、役割理論を使うのかという背景について詳しく解説している文書が少ないと感じたので、それについて文量を多く割きました。
また、潰しや受けなどの造語ですが、あれはあくまでも駒の性質を表す造語なのでそれを使って勝つという理論ではないと考えています。
どのような駒を使えば勝利に貢献するかはなんとなく感覚論に分かっていると思うのですが、『金・銀』と『ダイヤモンド・パール』はゲームバランスが全然違うので、金・銀で有効だった駒が強いわけではありません。
だから役割理論が使えなくなったというよりは当時と同じ駒の使い方をしていては勝ちにくいということではないかと考えています。

また、もう一つ思ったのが潰しや受けなどの造語で全ての状態を表現するのが可能なのかということ。
造語によって表現できない状況もあると思われ、それが俗に役割外といわれているような気がします。
それは、どちらかというとただ単に造語を使って表現することに成功していないだけで、役割理論ではない戦い方というわけではないと考えています。
例えば身代わり守るプレッシャーは、相手の駒と何かしらの相互作用がある以上は何かしらの仕事をしていると言えます。

つまり何が言いたいかというと、潰しや受けなどを利用して戦うのが役割理論ではなく、勝つためにどのような性質の駒を使えばよいのかということです。


あとは、対戦中の役割の変化や運要素、読みが対戦に与える影響についても軽く触れておきました。
対戦中の立ち回りとしては対策できる駒を失わないようにということも書いておきました。対策できる駒を失うと倒すことも受けることもできないので、これはよく意識しておく必要があります。
リスクを意識した上で、倒される状況で居座ったり交換読み交換をしたりと読みも絡んでくるので、ポケモン対戦は非常に複雑で難しいです。
スポンサーサイト
しゃわ
うむ、そうですね。

ダイパに適応した役割理論の解説はなかなか難しいとは思いますが頑張ってください。
2007.03.16 Fri 13:52 URL [ Edit ]
aona
こんばんは。

ダイパでどういう駒の使い方をするのが有効かを知るには個別分析をしっかりと行わないといけないと考えていて、あるいはタイプごとの対策とかについても考えてもいいのではないかと考えています。
身代わりとかの技の個別分析もしたいし、それらが対戦時にどういう役割を果たすかを知ることも重要だと思っていて、勝つためには様々な角度からポケモンというゲームを研究する必要があるとは考えているのですが、仕事が遅いため難航しております。
まったりと頑張ろうと思います。
2007.03.17 Sat 00:43 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/109-ea5e4fc1
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。