FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.05 Thu
かなり遅くなってしまいましたが(ちょいとパソコンが壊れるというアクシデントがありまして申し訳ない)、本日は対戦会について書きます。
まず、参加された皆様お疲れ様でした。
そして、決勝トーナメントに進まれた皆様、そして、優勝したさくらさん、本当におめでとうございます。
賞品がないケチな対戦会ではありますが、皆様大健闘だったと思われます。

今回は、期間内に予選ブロック戦をしてブロック内での総当たり戦を行うという形式でしたが、全試合を消化できない事態が発生したのは大きな反省点でした。
また、予定の都合をつけるのが参加者任せになり、上手く時間通りに試合が出来ず大きな待ち時間をとらせることになる事態も発生したりしたので、これを反省点として次回は参加される方が試合に専念できる環境を整えようと思います。
土曜の夜にまとめてやるようにするのが一番いいかなと考えております。

対戦会の狙いとしては、対戦機会を設けること、また一応対戦会という名目になってはいますし成績も出力はされるのですがそれよりは楽しんで対戦できるようにしたかったのですが、時間面で参加された方にストレスを与えることになってしまったのがやはり一番の反省点でした。



では、以降ルールについて書いていきます。
今回はシングルバトルの6体エントリーから3体選出するルール。レベル50。参加できるポケモンはバトルタワー準拠。
これが主要なルールとなっていました。

ダイヤモンド・パールの対戦でしばしば話題に上がるのが俗にいうマイナーポケモンとメジャーポケモンの格差です。
メジャーばかり使うのは厨ポケを使ってしか勝てないことの裏返しだ、勝つことだけに執着するのか、マイナーポケモンを使うのは美徳だ。
よくこのような考え方を目にしますが、どのような言い回しをしても相手の言い分を聞かない限りは自分の価値観の押し付け、あるいは自分の主張だけをする不毛な状態となるので、このような議論をすることも不毛だと考えています。
ただ、価値観の持ち方は「思想の自由」という言葉に代表されるとおりどのような持ち方をしてもいいと思うので、どのようなポケモンを使ってもいいと言えます。
といっても、自分の好きなポケモンを使いたいという価値観を持つ人は当然いるだろうし、そのあたりに合わせてルールエディットできるのもポケモンバトルの魅力の一つだと思います。欲を言えば、ソフト側でルールエディットしたり、エディットルールを通信した相手の環境にも適用出来るようになればいいんですけどね。

それで、今回の対戦会ですが、個人的に一番印象に残ったのがラテイオス、ラティアス、クレセリアが非常に少なかったこと。(これらのポケモンを使用するのが悪いといってるわけではありません)
また、ガブリアスも少なかったです。ガブリアスが少なかった背景は想像するしかないですが、まず真っ先に対策されるポケモンであること。また、弱点をつきにくく意外に何体も倒すまでには至らないことが多い。更には弱点をつく技が少ないため、1ターンで即倒せる状況を作るのが難しいこと。また、1体倒したあとはスカーフの有無がばれているケースも多くゲンガー等の無償での場への登場を許しやはり全抜きは難しいこと、このあたりが原因なのかもしれません。
特に多かった使用ポケモンはゲンガーで、安定感こそないもののどのような型にしても強いです。相手の立場から見ると、どの型か序盤は分からないためその意味でも対処しにくいといえるのではないでしょうか。その対処策の一つとして「ねごと」ハピナスも使用されるほどでした。
ギャラドスも非常に多く、やはり出来る仕事が多く、水ポケモンを突破するのが少し大変なこと以外は優秀なのが背景にあるのではないでしょうか。「りゅうのまい」を持たせるとき「ちょうはつ」を持たせるか「みがわり」を持たせるかの二つのパターンがあったのが印象的でした。
ドータクンの使用率も高く、なんだかんだで便利ということでしょうか。特にドラゴンは氷技所持のポケモンを1体いれば対処できるというものでもないし、鋼ポケモンは重要な位置づけにあるのかなと感じました。対ドラゴン以外も対メタグロスなどいけますし凶悪な技も多いですしね。
また、今回は以前と比べて飛行が多く、以前よりも対格闘、特に対ヘラクロスも意識されだしているのかなと感じました。
広範囲特殊受けが激減しているのも面白く、特殊を受けることと物理を呼ぶことを天秤にかけたとき、物理を呼ぶのが嫌だと感じる方が多かったということかもしれません。ただ、そうなるとアグノム、スターミー、フーディン、ゲンガーあたりの対処が難しくなり、ハピナスなどの極端な対処方法を用いずにいかに処理するかは注目すべき点かもしれません。
以上の意見は私のような素人の意見なので、対戦を日々こなしている方から見ると色々おかしな場所もあるかもしれません。

それで、皆さんのパーティー公開の件ですが、今週末の土曜か日曜に作成できればと考えています。

対戦会は、今後も行うことも計画しており、今までの対戦会どおりのルールでやったり、あるいは他のルールで行うこともあるかもしれません。例えば6体戦とかダブルとかリトルカップとか。
では、長くなりましたが、このあたりで失礼致します。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/114-fa0ded36
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。