FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.10 Tue
何か、最近あまりポケモンバトルについて真面目に考察していない気がしますが、今回は特にバトルと直接関係のない話題です。


情報の取り扱いについて気になった方はいませんか。

ネット上では様々な情報が溢れています。
ゲームのファンサイトとしてのポケモンのサイトは数多くあり、対戦を扱うサイトも数多いです。ただ、それらは個人が趣味とかで運営しているので歩調を合わせて何かをしようという動きはあまりありません。
そのことによる不都合がいくつか出てきます。

一つ目が情報の精度。
特に発売当初によく見られる現象ですが、間違った情報の錯綜ですね。
例えば、発売当初は特性「かんそうはだ」の説明として水タイプの技のダメージが減るという説明をしているサイトが数多くありました。
これは、一種のネットの特徴とでもいうべきもので、情報の伝達速度があまりにも早すぎるので色々な情報が出回ります。
そして、それを鵜呑みにして載せてしまう管理者も多いです。(私も人のことはいえないのですが)
サイトに載っている情報が正しいのかどうかははっきり言って分からないのですが(ミスが出る原因は様々です。調べる際のミス、報告する際のミス、ホームページに載せる際のミスなど)その際、情報源がはっきりしていればそこのデータを正すだけで解決します。もし、情報源が無い場合はたくさんある独立した情報から正しいものを見つけ出さないといけないので、サイトを巡って調べる人間は大変です。
もちろん自分で調べたことは自分が情報源なので特に情報源を書く必要はないですが、他のサイトから引っ張ってきたデータの場合は情報源をしっかり書いたほうがいいのかなと思います。
例えばの話ですが、学問の世界では情報の出所がはっきりしないデータって言うのは、あまり信用されないんですよね。
だから使用したデータについてはリファレンス(参考)サイトとして紹介するのがコンテンツを見る人間に対して親切な対応だと思います。


二つ目がオリジナル意見の取り扱いと対戦界全体でのコンセンサス。
例えば、育成論板でこれは○○さんの考案した型ですという場合。
ポケモンという同じゲームを取り扱っている限りは全く別の人間が同じ型を思いつくことがあります。
再び学問の世界を例に出すと、はじめに発見した人が取り上げられることが多いです。例えばアインシュタインの相対性理論とか。(あとで見直してみて気付いたのですが、同時にという条件満たしてないですね。この例)
ポケモンの世界では著作権が発生するかどうか、法律的にどうかは全く知らないのですが、既に他の人が開発したのを見たあとに、これは自分が発見したんだぞ、偉いだろ、とか言い出さない限りは特に気にしなくてもいいのかなというのが個人的な考え方です。オリジナルを考えた人に敬意を表すことは非常にいいことだと思うのですが、敬意を表さなかったからといっても特にさげすまれるべきではない。
例えば、私が身代わりは「こだわりスカーフ」持ちポケモンによる流しに強いですよとか、少なくとも1回という考え方は注目してもいいのではないかとか、フワライドバトンとか前々から言ってますが(私オリジナルの考えというわけでもないですし、誰でも思いつくレベルの意見ではありますが)、自分の意見を述べる際にこの意見と同じ物を断りなく出しても問題ないと思います。というか、いちいち断っていたら何かを述べる際毎回どこかで断りを入れないといけなくなり、それは大変ですし現実的ではないですよね。
同じ意見を扱う場合にこれは○○さんが言ったことだとリファレンスとして示すまではしなくていいと思うのだけれど、その場合困るのが情報のフィルタリング。他の人の意見を頭にインプットして発言という形でアウトプットする際、情報が変わる可能性があるんですよね。その理由としては、読解力、表現力の問題であったり、付け足しや意見の改編などが行われる場合があるからです。
育成論の型程度ならそれほど大きな問題とならないのですが、問題が起こるとしたら数多くのサイトが紹介されている役割理論。現存するサイトを見れば分かるとおり、書いてある内容は結構違うんですよね(自分の役割理論の紹介の書き方はかなりフィルターがかかっているのでどう扱えばいいのか未だに迷っています)。ある程度、ポケモン対戦になれている方なら情報を見る目も養われているからいいのですが、ポケモン対戦をはじめる方にとってはサイトによる情報の不一致は結構困ります。何を信じたらいいのか分からなくなるんですよね。そのあたりの解決策としては1.様々なサイトが連携しあって情報の不一致をなくす、2.オリジナルにリンクを張る。これが考えられます。ポケモンは所詮趣味ですし、様々なサイトが連携しあってというのは難しい気がします。オリジナルへのリンク張りも現在オリジナルがネット上にないので無理です。ポケモンバトルはまだまだ発展途上だと思いますし、ダイヤモンド・パールでの役割理論が完成されたものではなく発展途上にあるものとして、完成に近づくために様々な人の考え方が提案されているという考えをすれば前向きかもしれないですね。ただ、それは対戦界全体でのコンセンサス(意見の一致)とは結びつかない。これが現在の対戦界の問題点ではないかなと思います。コンセンサスを得るには対戦界全体である程度の結論を出すということなので難しいのですが、様々なサイトで紹介されているものならやはり必要なことではないかと考えています。現状は個人がそれぞれ独立して何かやってるって感じなんですよね。別に趣味ですしそこまで気にする必要はないのかもしれないですが、対戦界全体の利益という観点で考えるのどうなのか。
この意見に対する画期的な解決策を持ち合わせているわけでもないですし、特に提案があるわけでもないのですが、個人的にはもう少し意見交換があってもいいのかなと考えつつあります(といっても私の計画は頓挫することも多いのですが)。複数のサイトでwikiを作るとか色々考えたんですけど、どうも現実性がないというか。趣味ですし、そこまで深く考える必要も無いのかな。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/117-deed4c9c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。