FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.26 Thu
ポケモンというゲームは面白いもので、バージョンやルールによって大きくゲームバランスが異なります。
例えば『金銀』と『ダイヤモンド・パール』では全然違うし、同じソフトでも全ポケモン使用可能ルールと種族値合計600以上タマゴ未発見グループ使用禁止ルールでは全然異なります。

ダイヤモンド・パールでは決定力が卓越しているといわれていますが、今回はそうなっていない環境についての話をします。


決定力の卓越している環境では一撃の重みが大きく、バトル序盤での読みや型の読み間違いなどが勝敗に与える影響が大きそうです。
逆に決定力の低い安定した環境においては受けを用意することで簡単に崩されない状態を作れ、読みよりも受けを破壊する手段と相手に崩されない状態の維持が重要になってきます。
ちなみに、これはあくまでも私の机上での意見なので人によっては違う捉え方をするかもしれませんが、この文章では、決定力の卓越していない環境=受けを簡単に用意できる安定した環境、だとします。

安定した環境で相手を崩すための方法は様々あると思いますが、今回は決まれば一気に戦況を変えられる戦略をいくつか紹介します。

1.くろいまなざし+バトンタッチ
相手を逃げられなくして、有利なポケモンに交換します。
これが使えるのはブラッキー、アブソル、ドーブル
「みがわり」状態に「くろいまなざし」が効かなかったり、「ちょうはつ」によって補助技が使えなくされないように注意。
この、コンボと相性がよい技は、「ちょうはつ」。相手の「ほえる」による対策を阻止できます。
あと、コンボ成功前に大打撃を受け倒されると意味がないので、格闘ポケモンが鬼門といった所でしょうか。

2.ほろびのうた+ソーナンス
「ほろびのうた」をかけたあとにソーナンスに交換。
受けとして使われる耐久面に努力値を振っているポケモンに対し、成功しやすいです。相手チームに決定力の高いポケモンがいないときには大打撃を与えられる可能性大です。
「とんぼがえり」や「きれいなぬけがら」持ち、「ほえる」などには要注意。

3.がむしゃら
「みがわり」と組み合わせるとHPの調整がしやすく、「カムラのみ」による先手後手逆転も利用できると強いです。

4.だいばくはつ
爆破による減員。6→3ルールでは見せ合いの段階で相手チームにゴースト、岩、鋼がいなければ積極的に狙っていくといいでしょう。
ただ、相手の先手での「みがわり」、「まもる」、「こらえる」、「きあいのタスキ」持ちには要注意です。
爆破により1、1交換をし、最後にタイマンで強いポケモンや読みgの必要なく強い状態を作れる「こだわりスカーフ」持ちポケモンを残すといいでしょう。

5.はらだいこ
速攻で倒される手段が少ない環境では決まる見込みも高くなりそうです。


安定性の高い環境として具体的に考えられるのは、ファンシーカップのようなルールや種族値縛りのあるルールなどです。
たまには、息抜きとして、こういうルールでの考察も面白いものですね。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/127-892c9286
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。