FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.07 Mon
我ながら酷いタイトルです。
今回は、「だいばくはつ」を使うことがありえなさそうなポケモンの「だいばくはつ」です。

控えポケモンに「キノコのほうし」「だいばくはつ」あたりを覚えさせたドーブルがいる状態で、「こだわりハチマキ」を持たせた、ペルシアン、あるいはブニャットに「ねこのて」をさせるというのが非常に凶悪です。穴だらけの戦法なうえに、猫好きにぼこぼこにされそうな戦略ですが、上手く決まった時の爽快感は素晴らしいでしょう。岩、鋼、ゴーストが相手チームにいたり、「きあいのタスキ」によって邪魔されがちなのが大きな問題点ですね。
この戦略を使うにあたっては、「ねこのて」使用ポケモンを含めて2体の状態にする必要があるので、3体戦では、1体目に「だいばくはつ」などをしてもらい早々と退散してもらうのがいいと思われます。(「ひんし」になった技も候補に入るようです)


ちなみに、「こだわりハチマキ」を持たせなくても、「ねこのて」ででる技を「キノコのほうし」だけにして、他はノーマルタイプの技とそれ以外の攻撃技とするのもありです。
確か、優先度の変わる技は「ねこのて」の選択肢に含まれないはずなので(あまり自信ないです。間違っているかも)、これにより、「ねこのて」成功率を上げることが出来ます(一部の優先度の変わる技は「ねこのて」ででる技の候補となります)。例えば、キノガッサに「きあいパンチ」を覚えさせるとか。

ジュペッタを出されると、どうにも困りますね。
スポンサーサイト
aona
>管理者メッセージで書いてくださった方

こんばんは。
情報ありがとうございます。
また、応援くださり嬉しいです。

優先度無視効果は恐ろしいものがありますね。
仰るとおり、先手での「ほえる」「ふきとばし」は使いこなせると恐るべき力を発揮しそうです。
これで、「ひんし」になったポケモンの技が候補から外れたら本当に最高だったのですが、そこまで上手くはできていないようです。残念。
2007.05.08 Tue 22:50 URL [ Edit ]
今はどうなのか知らないのですが,GBAのユニオンルームはねこのて向きなルールでしたね.

オオタチで
もちもの:こだわりはちまき(orきょうせいギプス)
ねこのて,トリック,適当な攻撃技x2.
控えはキノガッサとか,ドーブルあたりで遊んだ記憶が.オオタチを出したかっただけです.多分ペルシアンの方が便利.
2007.05.10 Thu 00:49 URL [ Edit ]
aona
こんばんは。お久しぶり。

もとは、く君のアイディアだったんだけど、拝借させていただきました。確か、フェスタで試したんだっけ。

2体のユニオンルームでは、かなり使える戦略だと思う。
オオタチは「こだわりハチマキ」とかを押し付けられるのが猫さんたちよりもよいね……と思ったらペルシアン、ちゃっかり「すりかえ」覚えるのね。惜しい。
2007.05.10 Thu 18:24 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/133-3a3fc216
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。