FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.12 Sat
今回は全抜きについて。
そもそも、全抜きって何なのでしょう?
多分、今の対戦界では主に次の二つの使われ方をしていると思います。

1.全てのポケモンを速攻で倒すほどの決定力を持つポケモン
2.相手がこちらを受けれない状態で一気に突破すること

私が知らないだけかもしれないですが、正しい定義はない気がします。
とはいっても、正しい定義があるかもしれないので、興味ある方は調べてみてください。

1のケースの場合ですが、この場合1体を倒せても、2体目以降を倒せるかどうか分からないです。つまり1の条件を満たしていても2の条件を満たしているとは限らない。
HPが満タンの状況では勝てる相手でも前にダメージ蓄積があると勝てない可能性もあります。攻撃機会を得ても、先手をとって一撃で倒せなければ、相手が攻撃機会を得られるのでどんどんダメージを蓄積していくわけです。特に素早さの低いポケモンや素早さの下がった状態では、相手に先手をとられやすくより相手が攻撃機会を得やすいので、何体も倒すのは大変になります。あるいは、「こだわり○○」を持っていて、技変更できない状態も何体も連続して倒すのは大変ですね。
潰しを行う際の自身へのダメージ蓄積を理解するために便利なのが、若葉みどりさんのブログで紹介されている役割解析の潰しコストです。便利な考え方なので是非読むことをオススメします。


2のケースですが、この状況は決定力の高いポケモンでなくても作れる可能性があります。例えば、相手チームの残りポケモンが2体でこちらのポケモンで4倍弱点をつけたら倒すのも割と簡単です。
4倍弱点は極端な例ですが、決定力を絶対的にではなく相対的に捉えることが重要で、相対的に相手よりも上に行くように立ち回ることが重要といえます。
バトルを逆算して考えるとよさそうな気がしますね。
スポンサーサイト
アポロ二世
これも自分の主観でしかないのですが全抜きは1匹に全員抜かれることで全抜き性能があるがaonaさんの2の状況自分で作って全抜きできる可能性がある(この場合4倍弱点突きまくるのも催眠術で眠らせて倒しまくるのも含む)チームでの全抜他のポケモンがお膳立てして(バトンがいい例)普通できないポケモンで全抜きって解釈でした。
2007.05.13 Sun 07:22 URL [ Edit ]
aona
>アポロ二世さん
そういえば、対戦が始まった直後から3体抜きが実現可能なケースもあったりしますよね。
1体だけだとどうしても、何体も倒すのに至らないことがあるので、お膳立てというのは私も重要だと思います。
「さいみんじゅつ」などの行動制限系も有効そうですね。
色々なパターンが考えられそうです。


>あの、かわいいポケモンの名前の方
全てのポケモンに受けられないというのは、そういえば、どこかで見たことがあります。それでいくと、ダイヤモンド・パールではかなりいそうですね。
突破力がとてつもないので、単独エースでも相手を倒せる破壊力を有しているのは魅力ですよね。
といっても、潰しコストの観点から全てのポケモンを個別に倒すポテンシャルは有していても全てを倒すには至らない可能性を考慮すると、WAとか、そこそこの耐久性(できれば素早さも)のあるエースを使うというのは理にかなっていると思います。
道具の効果が強力になったのと、道具により自由度や型の多様性が増したという点から考えると、駒の強弱関係が薄れることにより、交換の回数が増えることはそれだけ不利になるのかなと自分は考えています。流しは有効な手段ですが、再生回復で無いとすぐに流しきれなくなるので、バトル序盤の読みとかが重要そうな気がします。


>管理者メッセージで書いてくださった方
なるほど。つまり、攻撃能力値と技のポテンシャルだけで考えると受けることができないという使われ方ですね。
動詞としての使い方も納得しました。
一体突破することで、他も芋蔓的にというのは非常に参考になりました。
Aへのダメージ蓄積の仕方というのが一つのキーポイントとなりそうですね。

コラムですが、急ぎの物でもないので、気が向いたときにでも考えていただけると幸いです。

2007.05.14 Mon 21:46 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/135-ef73c404
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。