FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.03 Mon
なんというか、フェスタが終わったとたんの次の日に7時(でも実は残業時間1時間)に家に帰ることが出来た私。8月は人生の中でも運に見放された月ワーストスリーに入る気がします。
サンプルパーティーを作ってログを取ることができれば、対戦をより研究できるかなと思ったのですが現実はそう甘くなかったです。せっかく、対戦しに来て下さった方には本当に申し訳ない思いでいっぱいです。
東京に引っ越してから対戦できるようになるといいなとも思ったのですが、フェスタ後一ヶ月にやっても、ものすごく今更感があるので、まだフェスタの余韻が残る今のうちにパーティーを晒しておきますね。どなたかの研究の足しになれば幸いです。

長いので、続きを読むで。






101.jpg

102.jpg

103.jpg

201.jpg

202.jpg

203.jpg

301.jpg

302.jpg

303.jpg

401.jpg

402.jpg

403.jpg

ニックネームは気にしないで下さい。

清書しますと、
■トゲキッス
【特性】てんのめぐみ 【持ち物】カゴのみ
【性格】れいせい 【努力値】HP248、特攻252、特防8
【技】エアスラッシュ、だいもんじ、このゆびとまれ、まもる

■ドータクン
【特性】ふゆう 【持ち物】ラムのみ
【性格】ゆうかん 【努力値】HP252、攻撃252、特防4
【技】ジャイロボール、だいばくはつ、トリックルーム、みがわり

■ユキノオー
【特性】ゆきふらし 【持ち物】きあいのタスキ
【性格】れいせい 【努力値】HP248、防御8、特攻252
【技】ふぶき、エナジーボール、みがわり、まもる

■カビゴン
【特性】あついしぼう 【持ち物】いのちのたま
【性格】ゆうかん 【努力値】攻撃252、防御248、HP4
【技】おんがえし、じしん、じばく、まもる


戦法は1ターン目でトゲキッス「このゆびとまれ」ドータクン「トリックルーム」をするという、トリパの典型で催眠パを格好の餌食とするものです。ドータクンに「ラムのみ」を持たせているのは「ダークホール」よけのほか、「ほうでん」「ふんえん」の追加効果で事故らないようにする為のものです。2ターン目は「みがわり」。トリパでの「みがわり」の有用性を調べたかったのですが、ログが取れなかったので気が向いた方は自分で研究してみてください。一応、札幌フェスタ会場でのワイヤレス対戦では2ターン目に相手は爆破を警戒してあるいはターン稼ぎで守ってくれたので、「みがわり」が上手いこと決まりました。トリックルーム時の「みがわり」は「こだわりスカーフ」持ちの相手の機能を一気に落とせるのも利点です。
あと、「きあいのタスキ」で無駄に相手に耐えられたばかりに次のターン守られたりして、2ターン経過したりするのが嫌なので、「きあいのタスキ」持ちに対し、あられで削るようにしています。あと、トリックルームとあられで雨パの機能性を一気に落とすことも可能です。
1ターン目に相手に「みがわり」をされてもやな感じなので全体攻撃技を多めに入れています。

ちなみにこのパーティーの致命的な弱点は「いかく」で、攻撃が落ちると爆破の性能が落ちるのが難点です。といっても、実は爆破は序盤ではそんなに使いません。
あとは、鋼に対する突破手段にかけるので無理やりトゲキッスに「だいもんじ」を突っ込んでいますが、1ターン目にトゲキッスが落とされることもあるのでそうなると厳しくなることもあります。ちなみにトゲキッスが生き残ると、遅い素早さからの「エアスラッシュ」で相手の行動機会を奪いに行きます。隣のポケモンの「みがわり」との相性に優れます。
実は初手ターンの炎複数対象技にとてつもなく弱く、バクフーン様が出てくると窮地に立たされたりします。あと、相手のトリパコータス、バクーダにも弱いです。


と、このようなパーティーなのですが、はっきり言って決勝で使われたトリパには遠く及ばないです。トリパの研究というのはあちこちでされているのですが、私の場合は「みがわり」とユキノオーを使うアプローチをしてみました。
ダブルバトルは本当に色々な可能性があって面白いので、フェスタが終わった後も、色んな場所で研究が進むといいなあと思っています。

今回のフェスタの見せ合い無しというのは案外面白かったのではと思っています。特に1ターン目にぎょっとする場面があちこちであったのではないでしょうか。見せ合い無しならではの構築ができると強そうですね。特にドーブルなんかは何をしてくるか分からないので対ドーブルではどの行動がいいかなんてのは結果論でしか語れない気がしてそれがポケモンの面白さ難しさなのかなあと思います。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/159-cea64312
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。