FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.09 Tue
受けポケモンを使用する利点といえば、仮想敵の攻撃を受け止められる点が注目されているのかなと思います。で、実際それはかなり魅力的だと思います。

受けポケモンは、相手を崩すパターンを遠まわしに作れるというのも実は大きな利点な気がします。(詳しくはループモデル参照)
受けポケモンは大抵破壊性能の馬鹿高い敵をタイプ相性や防御関係の能力値の高さで抑える目的で使われるのですが、一度相手を交換させるというのも狙いの一つとなることがあります。仮想敵が一度場から引くと再度場に出す際のダメージ蓄積があります。で、破壊性能の高いポケモンは大抵耐久面が薄くなりがちなので、そんなに破壊性能の高い攻撃手段じゃなくても結構ダメージを受けるケースは多いです。受けポケモンに抑えられる一方で、場に出す際のダメージが蓄積していけばジリ貧となります。
というわけで、このように遠まわしに相手を破壊することでバトルの突破口を開ける可能性があるのが実は受けポケモンの利点な気がします。

もちろん、これは対処する対処されるの関係が明確になっている単純なモデル上のみで成り立つ話なのですが、突破口を作る手段は色々あるなあと思い、面白いものです。

#というか、これ書いたの、某日記の影響受けてなんですけどね。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/164-b308e371
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。