FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.12 Fri
例えば、こちらの全ポケモンが水タイプだとします。この場合、相手チームに電気ポケモンとかがいると不利となります(逆にその一体さえ倒せば逆転するかもしれませんが、とりあえず今はそれは無いとします。また、こっちは全部電気に弱いポケモンばっかりとします)。というのは、相手は電気技を連打しているだけでリターンを得られるから。

なので、必ずしもリターンを得られない状況を作ることで、リスク軽減を行います。例えば一体地面ポケモンを入れるとか。これだけで、相手は電気技かめざめるパワーか(とりあえず、今は身代わりは無視で)どちらかを選ぶ余地があるため、行動組み合わせにより必ずしも相手はリターンを得られなくなります。

多分、ごくごく当たり前のように無意識のうちに行われているパーティー編成法だと思います。リスクリターンをある程度定量的に取り扱うために、こういう当たり前の所こそ意識して考えることが重要です。というか、基礎の積み重ねは本当に重要です。じゃないと応用を考えるとき土台がぐらついている状態でやらないといけなくなるので。

次に行うべきは重みがけです。つまり何を重視して何を妥協するか。例えば、ヌケニンが周りに使う人がいなければヌケニンを倒す技を入れるのを妥協するのも一つの戦略といえます。
実用的なのは多分、よく出てくるポケモンに対しリスクリターンで有利に立てるようにすること。これやってると認知度の低い戦略(俗に中堅といわれるポケモンや思いもがけない持ち物、技で破壊されること)に弱くなったりするのですが、これも一つの戦略です。

リスクリターンを評価する必要のある要素は次の通りだと思っています。
・ポケモンの強弱関係(ドラゴンは氷に弱いなどポケモン間の強弱関係で生まれるリスクリターン)
・立ち回り(行動組み合わせごとの有利不利の度合いの違い。これを見積もることがリスクリターン評価)
・情報の重みがけ(相手が好む心理、現在の環境の流行を取り入れ上記リスクリターンに修正を加える)

まあ、いくらリスクリターン評価したところで、重みがけの仕方が拙かったり間違っていたりすることもよくあるので、一概に成功を収めるのは難しいのですが、リスクリターンは物を考える、そして意思決定の際の大きな材料となるので有益だと思います。
多分、ポケモン以外の日常生活でも何らかの意思決定をしたりするときに役立つハズ。

更にリスクリターン見積もりの精度を上げるためにPlanDoSeeをしっかりとします。
Planで計画練ってDoで実践してSeeで良かった点悪かった点を分析、検討。これを回していくことで、どんどん次に生かしていきます。


#ところで、トップページ以外リンクできないとか、ログイン規制が無いのにも関わらず閲覧するだけでも管理人に配慮しなくてはいけないとか、どうも研究をやりにくいと感じることが一部ですがあるんですよね。そうする目的が明確ならまだ分かるのですが、他の人のを真似ただけとかの場合、困ります。これはポケモン界のリスク要因かも……
スポンサーサイト
アポロ二世
割とどうでもいいことなんですが3対3でヌケニンが強すぎます・・・
先頭にはまず出しません。

用は相手の先頭を倒す→相手のどちらもヌケニンを倒せないなら勝ち→片方が倒せるならそれを倒せば勝ちなうえ交代読み交換はとてもやりやすいことになりますよね。

自分はその辺考えてチーム編成しています。
例えばヌケニンとエンペルトは相性上かなり相性がいいわけですよ。
そうするとその2体を控えにするとして先頭は氷や鋼に弱くて(エンペ出し)火に強いポケモンがいいですよね。
そうなるとボーマンダあたりになりますかね・・・
そうだとエンペに地面を読んでマンダも出せますし。

なんか趣旨がそれた気がしますがヌケニンで強弱リスクリターンはイメージしやすいですよね。

あとトップ変わってますね。
自分はcssが基本的に苦手なんでいまだにどういう構造かわからないw
2007.10.13 Sat 19:36 URL [ Edit ]
aona
おはようございます。
ヌケニンは忘れていると思わず痛い目を見せてくれるポケモンですよね。

3体戦の場合、理想をいうなら、相手の控えポケモンを確かめるまでは安定行動をとり、全部確かめた上で、どういう崩しパターンをするかを決めたいところなのですが、実際はそんなに余裕も無いわけで難しいです。なので、自分のシナリオどおり動かせるかどうかは、いかに相手の情報を素早くつかめるかにかかっている気がします。
強弱関係がはっきりしているポケモンはどう立ち回るかでアドバンテージを得るかディスアドバンテージを得るか明確に分かれるので、そういった意味では仰るとおりイメージがわきやすいと思います。ただ、相手に一度見せると使用ポケモンの情報は双方のプレイヤーが持つ状態となるので、こちらの駒をなるべく見せずに温存する必要はありそうですね。それも難しいですけども。

cssは慣れると簡単なのですが、慣れるまでが難しいと思います。レイアウトの仕方は色々あると思いますが、私はfloatをよく使っています(私の技術力だとFireFoxで微妙にレイアウトが崩れるのです)。
2007.10.14 Sun 10:54 URL [ Edit ]
銀炎
重視する点、妥協する点ですか・・・
妥協した部分が起こった時は読みで対処するんですかね?

ポケモンの強弱関係は6→3だと凄く重要ですね
見せ合いの時点で、自分のパーティと相手のパーティを見て判断しますし
そこからある程度は相手が使うのを予想できるかもしれないですし

立ち回りですか・・・
そのターン毎に相手の行動を推測できれば良いんですが、難しいですね;;
相手は人な訳なんで、裏を欠いてくるかもしれないですし・・・

流行を取り入れる・・・と言うより、知っておく位が良いと思います
極端に悪いならメンバーチェンジが必要ですが、
そういうのは読みでカバーが効きそうな気がしそうですが、これも難しいですね;;

3VS3は正直、運ですね
先発同士の相性で、最初の主導権が取れるかどうかが決まりますね
後は読みを当てられるか、自分のパーティが全部ばれる前に、
相手のパーティを如何にして全部オープンにさせるかが鍵なんではないんでしょうか?

>アポロ2世さん
http://www.aichan.biz/html/
ここはどうでしょうか?
cssについて分かりやすく書いてあります(サンプルもありますし
2007.10.14 Sun 11:38 URL [ Edit ]
aona
こんばんは。

妥協した部分が起こったら多分諦めるか、毎ターン読み、運で優位に立つくらいだと思います。なので、なるべく起こりえない部分を切り捨てるようにしないと痛い目を見ると思います。

読みでどこまでカバーできるかというのは正直難しいのですが、支配戦略が無い限りは読みが成功するかどうかは相手の行動に依存します。確実にカバーできるのは相手の行動をイカサマ(指の動き見るとか)で100%確定したときくらいで、これはもちろんしたら駄目なので読みが当たるも八卦当たらぬも八卦といった所だと思います。

3対3では先発は本当に重要だと思います。いかに相手の行動に制限をかけ追い詰めていくかの勝負なので、相手の控えが何なのか分からない前半は読みで失敗するだけで不利となるかも知れないですね。ただ、読みについての分析はまだまだ進んでいないのが現状なので、運と悲観視するのはもうちょっと研究が進んでからでもいい気がします。



2007.10.14 Sun 17:25 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/165-800ac28f
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。