FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
2007.01.13 Sat
某所に書いてあるサンプルパーティーがGBAのままになっていたのを今頃になって気付き、DPでのパーティーに書き換えました。
色々、考えまくったのですが、本当に構築って難しいですね。
せっかく考えたので、ここでも紹介します。

――――――――――――――――――――――――――
◇ルール◇

Lv50のスタジアムルール(6体見せ合いのあと3体選出)
シングルバトル
種族値合計600以上のタマゴ未発見グループのポケモンの使用禁止
ポケモン、道具重複なし
眠り制限あり


◇チーム編成◇

○ガブリアス♂
【特性】すながくれ 【性格】ようき 【持ち物】いのちのたま
【努力値】攻撃252、素早さ252、HP4
【技構成】げきりん、じしん、だいもんじ、みがわり

○ゴウカザル♂
【特性】もうか 【性格】おくびょう 【持ち物】こうかくレンズ
【努力値】特攻252、素早さ252、HP4
【技構成】だいもんじ、インファイト、おにび、みがわり

○ユクシー
【特性】ふゆう 【性格】わんぱく 【持ち物】オボンのみ
【努力値】HP252、防御252、特防4
【技構成】とんぼがえり、しんぴのまもり、リクレクター、あくび

○マンムー♀
【特性】ゆきがくれ 【性格】わんぱく 【持ち物】たつじんのおび
【努力値】HP252、攻撃252、防御4
【技構成】こおりのつぶて、じしん、ステルスロック、ひかりのかべ

○スターミー
【特性】しぜんかいふく 【性格】おくびょう 【持ち物】たべのこし
【努力値】HP252、素早さ252、防御4
【技構成】サイコキネシス、どくどく、リフレクター、じこさいせい

○ドンカラス♀
【特性】ふみん 【性格】しんちょう 【持ち物】ソクノのみ
【努力値】攻撃252、特防252、HP4
【技構成】ふいうち、おいうち、ドリルくちばし、まもる
――――――――――――――――――――――――――

以下、簡単なパーティーの解説です。

>ガブリアス
「みがわり」を所持しているので、「みがわり」を使ったターンに相手が交換した場合は身代わり状態が残ります。
「アンコール」「つららばり」等の一部の技を持っている相手以外には、適切な攻撃を身代わり人形が破壊されるまでの間繰り出すことができます。
特に、鋼ポケモンへの交換の選択肢に強く、ドラゴン技半減の意図で出してきたエアームド、ドータクンも簡単に返り討ちにできます。
また、氷ポケモンに交換され、かつ相手が「こだわりハチマキ」「こだわりスカーフ」を所持しているときは、道具の効果で技変更できないことから一度身代わり人形を壊されたあとは耐性を持つ適切なポケモンに交換することも容易です。
一度、鋼ポケモンや、氷ポケモンにダメージを蓄積させたあとは、「げきりん」を使うリスクも激減します。

>ゴウカザル
パーティー見せあいの段階で、相手チームがガブリアス対策を氷ポケモン(マンムー以外)でしている場合、ガブリアスと共に出動させがちなポケモンです。
特にマニューラのタイプ一致技を二つとも半減できるのが強みです。
氷ポケモンは大抵退かざるを得ない状況になるので、交換されたときに身代わり人形を残る場合が多いです。
ボーマンダ、ギャラドス等に容易に受けられるので、「おにび」で相手の決定力を下げます。

>ユクシー
ガブリアスを参加させ、かつ相手チームにマンムーが入っているとき、出動させます。
マンムーのタイプ一致技では、それほど削られないので、「リフレクター」などでサポートしつつ、「とんぼがえり」で後続をノーダメージで出す機会も隙があれば狙っていきます。
「しんぴのまもり」を入れることでハピナス等のポケモンによる状態異常に強くしています。

>マンムー
「こだわりスカーフ」持ちのドラゴンや「りゅうのまい」を使うドラゴンに対抗する手段。
氷タイプにしては珍しく、浮いている鋼以外に強い攻撃手段を有しています。
「こおりのつぶて」で耐久面無振りのガブリアスは低確率で1発耐えるのが難点なので、相手チームにガブリアスがいるときは先発で出すなどして負担を軽減したいところ。
水タイプを出されると辛いので「ひかりのかべ」を入れているが、それよりも対ドラゴンが重要なので使う暇はそれほどなさそう。
・対ボーマンダ
「いのちのたま」持ち特殊攻撃主体の「だいもんじ」「ハイドロポンプ」は耐えられないが、道具補正のない場合はギリギリ1発耐える。
・対ガブリアス
攻撃252性格補正無しの「ほのおのキバ」を2発耐えられる。ステルスロックのダメージ1回入ると低確率で2発で倒される。
「こだわりハチマキ」での「げきりん」も耐えられるが、ステルスロックのダメージが1回入ると低確率で倒される。

>スターミー
マンムーで受けられる相手を重視した構成。
ヤドランやミロカロス用に「どくどく」を入れている。スイクンにもできるだけ早く眠ってもらいます。
格闘にやや強いがサブウェポンによっては倒される可能性が高く、ヘラクロスには半減読みで出す必要がありリスクが高い。
特性「こんじょう」の相手を誘いにくいのも利点。

>ドンカラス
2回のステルスロックのダメージ+ゲンガーの攻撃を最低1回耐えられるように調整。
HP252振りスターミーが「ふいうち」を半々くらいの確率で耐えるのが難点だが、その時は決定力なり素早さが低いのでなんとかなる……はず。
「まもる」はメタグロスを出されたときに「だいばくはつ」をかわせる可能性があるのと、「こだわりハチマキ」「こだわりスカーフ」のときに技を見たあと適切な後続につなぎやすくするために入れている。




全体的に受けが薄いですが、まあ何とかなると思います。
一番難しいのは、道具で決定力を上げたスターミーですが、ドンカラスになんとかしてもらいます。無理な気もしますが。広範囲な特殊受けを入れようとも思いましたが、これ以上格闘に弱くするわけには行かなかったので却下しました。
ハピナスを入れない状態でも対格闘の受けが薄いのですが、至るところで潰せるようにしているので何とかなるでしょう。

対水が全体的に薄く、スターミーに頑張ってもらうしかなさそうです。
ラプラスが非常に厳しい。

ドラゴン対策は随所に盛り込んでいるのですが、鋼をどこかに入れたく入れるとしたらユクシーポジションだけど、そうするとガブリアスを決定力としたときマンムーに若干弱くなるのと、鋼ポケモンは身代わりや炎技で簡単に対処されがちなので、入れることができませんでした。

いかにも俗に言う厨ポケだらけですが、これが今の自分の実力です。
実力がないうちはマイナーを使うのがかなり辛いのが今の対戦環境の気がしますね。
カリンさんの名台詞があるとはいえ、マイナーを使って負けたときそれを言い訳にはしたくないので、メジャーの性質やメタを研究しつつマイナーの生きる道を探るしかなさそうです。


1/15 ルールとか特性とか客観的におかしいところを書き直しました。
スポンサーサイト



DP
ゴウカザルがマニューラと対面した場合、命の玉燕返しで73~85%のダメージを受けるので、攻撃一発でも受けていたら落ちる可能性が高いです。なので引かないケースのほうが多いのではないでしょうか?

2007.01.13 Sat 11:18 URL [ Edit ]
ex
マニューラは同属対決や鋼対策などに燕返しよりも瓦割を入れてるほうが多いようです。
燕返しだと明らかに対応できる敵の数が少なくなりますし。
2007.01.13 Sat 17:12 URL [ Edit ]
DP
格闘、特にヘラクロスとゴウカザルを潰すために燕返しはほぼ必須と考えてます。
瓦割りで対応できるポケは他のメンバーに任せやすいことが多いので。
格闘弱点の鋼ポケは少ないし、マンムーは元から無理だし、
同属だったら50%に賭けるよりマニュ流せる奴を入れるべきだと思います。
2007.01.13 Sat 18:02 URL [ Edit ]
名前未入力
>種族値合計600以上のポケモンの使用禁止

どうでもいい揚げ足取りですが、ガブリアスって600じゃ?
601以上にしないと誤解を生むんじゃないでしょうか。
2007.01.15 Mon 00:50 URL [ Edit ]
レッド
ガブリアス 怪獣/ドラゴン

バランスいいですね。
全体として気になることは、やはりマニューラに弱いことですね。マニューラはどのパーティにもほぼ入っているので、身代わり打った後のゴウカザルへの燕返し、流される度に身代わりを使われたりするとマンムーだけでは厳しい気がします。
現環境ではパーティに鋼タイプは必須だと思うのですが、どうでしょうか・・・
2007.01.15 Mon 15:37 URL [ Edit ]
ただのダイア
種族値合計600以上のタマゴ未発見グループのポケモンの使用禁止 とありますが、タワー準拠でラティオスやヒードラン、クレセリアを使用可なルールより一般的でしょうか?

完璧なパーティなんて存在しないと思っているのでコメントは無粋かなと思いましたが少しだけ。
相手のドラゴン対策を潰しつつガブリアスで暴れるパーティみたいですが、みがわり張る前に礫とかスカーフ爆破くらうと一気に不利になりそうです。
特定のポケへの対策で組まれているので相手に選んだポケモンが読まれそうな気もします。
砂パや雨パ、霰パ(相手に物理受けトドがいる場合)との勝率は低そうな気がしました。
厨ポケだらけとありますが、全然そんなことないと思いますよ。
2007.01.15 Mon 20:38 URL [ Edit ]
うりた
私も6→3をやっているので大変参考になりました。
ところでこのルールで対戦というのはバトレボのランダムバトルではありませんよね?
この形式で対戦したいのですが、扱ってるサイトを知らないので、差支えがなければ教えていただけませんか?
全く関係ない話で本当に申し訳ありません。
2007.01.15 Mon 22:04 URL [ Edit ]
銀炎
見た感じなのですが、ゲンガーが少し厳しそうです
マンムーが居てもタイマンでぶつかったら、入れ替えるしかないと思います
この構成でゲンガーに礫で3~4発で、マンムーが気合球を喰らうと確定2です
(壁を張って無償交換させるなら別ですが
気合球はまず持っていると言ってもいいと思います
スターミーでもタイマンでぶつかれば、襷で一発は持ちこたえるでしょうし・・・
そのまま道連れとなると次のターンはリフレクターか交換しか選択肢がなくなります
道連れだとドンカラスの不意打ちは発動しないでしょうし・・・(うろ覚え
要はゲンガーに襷+道連れをされるのが、まずいと言っておきます
恐らくこのメンバー構成だと、マンムーorスターミーが先発ですかね?
となるとタイマンでぶつかる可能性が高いです
後続でゲンガーが出てくる可能性も無いわけではないですが・・・

で、ゴウカザルなのですが性格をせっかちにしても良いような気がします
防御は元々高くは無い方ですし・・・
それとボーマンダに鬼火は効果的ですが、過信しない方がいいです
ラムの実持ちだと次のターンで入れ替えするしか選択肢がなくなります
相手の持ち物が分からないので、どうしようもないのですが;;
2007.01.16 Tue 22:35 URL [ Edit ]
aona
こんばんは

>DPさん
ゴウカザルとマニューラですが、確かに燕返しで来られると辛いんですよね。
一応マッハパンチなどの可能性という見えない圧力からガブリアスを倒すまでは相手は温存行動に出やすいかなと考えたのですが、読み外すと(つまり燕返しで攻撃されると)極度にこちらが不利になるので飛行半減の実を持たせるなり、ギャロップあたりに変えるなりした方がいいかもしれないですね。


>exさん
マニューラの補助技って難しいですよね。自分で使う際にはどういう構成にするか迷うけれど、相手にする際には色々な可能性を考慮する必要があるので、とりあえずは飛行耐性を上げるという方向で検討しなおしてみますね。


>名前未入力の方
指摘してくださりありがとうございます。
かなり誤解を与えてしまいましたね。
こんなところでミスるとはお恥ずかしいです。


>レッドさん
身代わりマニューラは確かに絶望的ですね。
一応ヘラクロスの起点にならずかつ潰しやすいという理由でゴウカザルにしたのですが、ほかのポケモンに変えるのも手かもしれないですね。変えるとしたらウィンディ、ギャロップ、コータス、バクーダ、ハッサム、フォレトス、メタグロス、ドータクンあたりかなあと考えています。
今の対戦環境で鋼はかなり入れる価値があるというのは同意で「こだわり~」持ちの相手に対し半減で出したり、対マニューラで強かったりとかなり活躍できると感じています。ケッキングにも2択以上をせまれますしね。


>ただのダイアさん
ルールは私の好みのものです。ルールについてですが、公式でもグラードン、カイオーガが使用可能な時期が過去にあったりするので、これが一般的というのは一概には特定できなさそうな感じです。なので、対戦会によってはバトルタワー準拠で行うこともあると思います。

ガブリアスですが、とりあえずは相手の障害を取り除いてからの全抜きを狙うので氷のつぶて持ちは他のポケモンで早い段階で倒せればなあと思います。イマイチそれを実現しにくい作りになっているのは実力不足なんですけどね。
スカーフもちの決定力にタイマンで負けやすいというのは最も注意するべき点で、なんとか他のポケモンに頑張って欲しいと思います。
あられパーティーだとガブリアスは絶望的なので案外ガブリアスが3匹に入らないことは多そうです。その際の決定力の低さはちょっとまずいかもしれないですね。
とりあえず、絶対零度トドゼルガを速攻で倒せないのは危険な感じですね。水ポケモンがつらいのを何とかしたいですね。


>うりたさん
バトルレボリューションは持っていないので、すみませんがあまり詳しくありません。
ルールは大会によって変わることもあるので基本的なものをカスタマイズしていく形になると思います。
サイトのほうに対戦ルールのコンテンツがあるので、そちらを見ていただけるとルールをどのようにして決めているかが分かると思います。


>銀炎さん
対ゲンガーですがマンムーはタスキ持ちの全抜き阻止くらいにしか使えなさそうですね。
スターミーの場合もどちらかというと全抜き阻止の性質が強いので、後出しでのリカバリーという点で考えると厳しいですね。というかゲンガーは何を使っても厳しいので、とりあえず最悪でも全抜きされない方向に持っていくようにしています。
ドンカラスですが、相手がゲンガー以外にエスパーの特殊エースを残している状況でなければ相打ち覚悟で倒されてもかまわない覚悟で突っ込んでいきます。あんまり温存する立ち回りをしても仕方がないので。なので「みちづれ」は受けてもかまわない覚悟で行きます。
ただ、特殊エース2枚で来られると本当に辛いですね。かといってハピナスを入れると対特殊以外のダメージ蓄積が多くなるし難しいところです。

ゴウカザルは対氷性能をこれ以上落としたくないので、とりあえず防御は下げない方向で行きますね。
ボーマンダに対しては身代わりがある状況だとスカーフ以外では2回先手を取れるので1回ラムを消費させたあとに「やけど」にすることも可能です。問題は命中率なんですけどね。スカーフの場合は技変更できない分相手が不利となりやすいので万全ではないけれど何とかなるかなあと思います。


>管理者メッセージで書いてくださった方(一応二人いらっしゃるのですが先に書いた方)
報告ありがとうございます。
酷い間違いでしたね。なおしておきました。


>管理者メッセージで書いてくださった方(二人いらっしゃるのですが後に書いた方)
すなおこしのガブリアスはワタルのカイリュー以上に危険な物体ですね。
我ながらありえないミスでした。報告ありがとうございます。

対マニューラが弱いのは痛切に感じでいていっそのこと鋼を投入してもいいかもしれないですね。

それで努力値ぶりですが、HP×防御、HP×特防が両方高くなったほうがいいので、おっしゃるとおり、そのように振ったほうが威力の設定された技に対しては強くなりますね。
実際は個体値との兼ね合いがあるので、少しづつ努力値をずらしていき、最高となる値を求める方法は実用的だと思います。

対水が弱いのと速攻で倒せるポケモンもあまりいないのは本当に難点だと感じています。
今のところはスターミーで無理やりという感じなので、何とかしたいですね。
電気を使うとしたらやっぱり素早さは欲しいですよね。スカーフで素早さの低いポケモンを使うこともできるけれどその場合は地面無償があまりにも怖いし、そうなるとどうしても挙げてくださったポケモンになりそうですね。
その場合はスターミーポジションでの対ゲンガーを多少薄くしてもいいので対水に強いということでルンパッパは確かに使い勝手いいと思います。やっぱり「こごえるかぜ」「やどりぎのたね」は外したくないですね。そうなるとヘラクロスの起点となるのでやはりゴウカザルポジションは炎のままで行くかと思ったけれどユクシーポジションをいじれそうですね。
ああ、構築は本当に難しいです。
2007.01.18 Thu 22:16 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/89-a9a9dee3
Template by まるぼろらいと