FC2ブログ
育成論戦略ダブルバトルパーティー構築検証基礎知識対戦メモ雑記対戦会ポケモンその他コラム
ポケモンの対戦、育成、戦略について簡易な考察をしているブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.18 Thu
パーティー構築法は色々あると思いますが、今回はエースを中心とした構成について。
この組み方は、私が最も好んでいる構築法です。


そもそもエースとは何かですが、エースの定義は厳密ではなく、金銀の頃はレベル50~55のスタジアムルールで最もレベルの高いポケモンという意味で使われていたようです(といっても金銀時代に私はネットをやってなかったので間違っているかも)。
ルビー・サファイア以降はレベルを統一してのルールが主流のため、レベル云々は関係なく、タイプ一致技の破壊性能が高く、タイプ一致技で受けられる相手の多くも他の技で突破できるようなポケモンを指して使われることが多いようです。
人によっては、はじめから全抜きできる破壊性能を持つポケモンとして使うこともあるようで、きちんと定義されていない語であるがゆえに人によって捉えかたが違うのですが、この文章ではとにかく破壊性能が高いポケモンとしてこの語を使います。


エースを使用する際にまず知っておきたいのは、エースの破壊性能の度合い。
次に箇条書きすることをまず客観情報として知る必要があります。
・潰せない相手は誰か。
・大きなダメージ蓄積をさせることはできても、タイマンでは先手をとられる等して倒される相手は誰か。

潰せない相手はパーティーで補う必要があり、タイマンで倒せない相手はタイマンの状況を作らないように工夫する必要があります。
相手が役割の考えに則った立ち回りをしてくる場合は、エースに対しては一つの対策法として受け、流しを用意してくるので、こちらのエース以外のメンバーは受けを排除できるようなポケモンが好ましいです。ドラゴンを使う際は氷、鋼に強いポケモン、特殊ポケモンを使う場合はハピナスをダグトリオで落としたり、ソーナンスでアンコール、ミラーコート等をしたりという感じで。
基本的には(相手がエースを受けられる回数)<(相手のエース対策ポケモンの攻撃を受けられる回数)となるようなポケモンを選ぶのが、受けのループ(潰しに対して受けを出すという立ち回りのみを行う場合)に則った考え方をする場合には好ましいです。
交換読み交換などで崩されやすいので注意。


エースの破壊性能は様々な要因で発揮できないことがあります。それを箇条書きすると、
・タイプ相性、特性による受け。特に「こだわり~」のアイテムを持たせるときには技変更できなくなり注意が必要。
・タイプ相性、特性による流し。弱点をつけ速攻で倒せる相手でも半減されるとダメージ蓄積も小さい。そのあと先手をとられて速攻で倒されるような攻撃手段をとられると倒される構図となる。相手交換時に読み外すか読み当てるかで大きく流れが変わる。
・エースを場に出すタイミングで、エースにタイマンで勝てるポケモンに交代で出される。特に「とんぼがえり」に注意。
・「リフレクター」「ひかりのかべ」による威力の半減。能力下降の効果。
・状態異常。「やけど」は攻撃性能を落とし、「ねむり」は行動そのものをできなくなり、「まひ」は一定確率で行動できない+先手をとって潰されやすくなる、「こんらん」は一定確率で行動できない。
・全抜き阻止手段。あと出しはできないけれど、ポケモンが倒された後の無償交代ででてきてエースを倒すポケモン。「げきりん」に対して氷ポケモンを出す、メタグロスに対してダグトリオを出す、スターミーに対してドンカラスを出すという感じ。

エースを使用する際はできるだけ上で書いたことに対応できる必要があります。
そういうわけで、パーティー構築する際には、エースの邪魔をするポケモンに対抗できるポケモンを入れるのが好ましいです。
また、エースの潰せる相手が多いほど受けられるポテンシャルを持つポケモンが減るので、エース以外のメンバーで倒すべき相手が少なくなり考慮する相手が少ない分構築が楽になりやすいです。

ちなみに対戦中にエースが最後まで生き残っていないといけないかというとそうでもないです。
エースが倒されても残りのメンバーで相手に勝てればいいので、エースを起用する際のバトルの流れは次のようになります。
・エース以外のポケモンでエースの邪魔をする相手を押さえ込む。エースで全抜きできる体勢を作り、最後にエースで全滅させる。
・エース以外のポケモンで相手を全滅させられる体勢を作る。そのあとはエースが倒されても支障はない。この場合エースのするべき仕事は回りのメンバーで受けられる相手を潰すこと。
最低限言えるのはエースでないと潰せない相手がいる状況でエースが倒されると、こちらの勝利条件は満たされなくなります。


次にエースにダメージが蓄積するときはどういうときかを見ていきます。
・交換で場に出すとき。(技によるダメージ、まきびし系の効果)
・タイマンで技を受けるとき(先手をとられる、後攻の相手を一撃で倒せなかったとき)
・各種定数ダメージ(どく、やけど、すなあらし……)
・特性の効果(さめはだ、ゆうばくなど)
・その他色々
なのでエースの攻撃機会を多くするなら、エースの受けるダメージを小さくする必要があるわけですね。
そのためには……
・みがわりバトン
・とんぼがえり
・「リフレクター」「ひかりのかべ」「おにび」能力下降技によるダメージの軽減
・攻撃性能の低い相手を場に誘うようなポケモンを使う
・エースが半減、無効化できる技を持つポケモンを誘うようなポケモンを使う
・「しんぴのまもり」で状態異常を防ぐ
ダメージだけでなく、一定確率で行動できなくなるものも防ぐ必要があります。
他には「ねがいごと」「いやしのねがい」あたり。

ここで注意が必要なのは相手も勝つような立ち回りなり、パーティー構築なりをしてくるということ。
こちらがエースの攻撃回数を稼ぎ、エースで倒せない相手を排除するように動く場合、何をされるとまずいかというとエース以外のメンバーを倒されると非常にまずいんですよね。エースだけが残った場合は交代という選択肢がなくなりサンドバック状態になり倒されやすいので、エース以外のメンバーをどうするかが非常に重要になるわけです。
そういうわけで、エース以外のメンバーはなるべく、ドラゴン、ヘラクロス、カイリキー、メタグロス、ケンタロス、ドサイドンあたりを楽に出せるようなポケモンにしたくない、あるいは出されてもリカバリーできるような仕掛けが欲しいです。


以上をまとめると、エースのとりまきとして相性がいいのは
・エースで潰せないポケモンを潰せるポケモン
・エースを潰せる相手ポケモンを受けられるポケモン
・エースの場への登場の負担を軽減できる手段を有するポケモン
・相手決定力の起点となりにくいポケモン
このあたりの条件を満たすポケモンが好ましいです。上で長々と書いたわりには平凡なまとめですね。

他にあるといい条件としては
・エースを倒された後もある程度の潰しができる
・相手の受けの役割が重複しているポケモンを使うことによる、エース受けの破壊


この文章の流れだと、エースのとりまきはサポートの性質が強く感じられそうですが、必ずしもそうしなければならないというわけでもありません。とりまきにもエース級のポケモンをいれて流しメインにしてもよさそうだと思います。



余談ですが、忙しいときに限ってこういう文章を書きたくなるのはどうしてなんでしょうね。
スポンサーサイト
ただのダイア
こんばんは。
先日のパーティー構築の記事とあわせて読むと、とても参考になりました。
ユクシーはノーマークだったので技の充実ぶりに驚きました。壁をはって後攻とんぼとか楽しそうです。

改めて考えるとガブリアスの受けにくさは想像以上でした。
大半の受けに先手を取れ、耐久も並以上。
タイプ一致技も充実してますしサブウェポンも文句なし。
利点を述べたら限がありません・・・
サポートとして鋼タイプやすなおこしのポケモンが優秀なのは砂パの総合力を底上げしてますね。
ポケモンも格差社会みたいです。
2007.01.20 Sat 01:09 URL [ Edit ]
銀炎
なるほど・・・
この記事は参考になりますね・・・
最近パーティーの構築を考えていたりしています
例えばゴウカザルをエースとすると、苦戦するのはドラゴンだからマニューラと組ませたり
トゲキッスを先発で使うならガブリアス受けにドータクンと組ませたり・・・
と言っても考えているだけで実戦で使えなければ意味無いですが
取り巻きもエース級と考えるなら道連れゲンガーが使いやすいと思います
体力が満タンの状態なら最初のターンで道連れをかければ
早い奴でも積み技が無ければ強制交換力がでますし・・・
拘り持ちで早い奴も退ける事が可能になります
そういえば、エテボースってスターミー並みに早いんですね;;
2007.01.20 Sat 09:15 URL [ Edit ]
aona
>ただのダイアさん
ユクシーですが、「ちょうはつ」にものすごく弱いし突破力もないですが、サポートは本当に充実してますよね。

ガブリアスですが、攻撃性能だけでなく結構耐久もあるのが嫌な感じですね。
速攻で倒せる手段が少ないので相手にするとやりにくいです。

確かに格差のようなものはあるかもですね。
でも、案外ノーマークのポケモンでも使えたりすることも多いので、色々開拓してみたいです。


>銀炎さん
ゲンガーはあんまり耐久性能は高くないので、「みちづれ」を使った戦い方は悪くないと思います。
「みちづれ」後にゲンガーでないと対策できないポケモンがいない場合でかつ、相手の残りポケモンがエースを受けられない状況を作ることができれば理想ですね。

エテボースは素早さを生かした戦い方を是非したいですね。
先制「なげつける」とか「みがわり」とか。
2007.01.23 Tue 21:20 URL [ Edit ]
宇宙
こんにちは、はじめまして。
宇宙と申します。
ただいま私もパーティーを作っているので、
ここは参考になります。
文章も私の様な凡人にもとても分かりやすいです。
エテボースは特性をいかした戦いをしてもらいたいですね。
タイプ一致のダブルアタック+王者の印は相手にとって脅威です。
2007.02.04 Sun 13:34 URL [ Edit ]
aona
>宇宙さん
はじめまして。
参考になったようで嬉しいです。

エテボースはダブルアタックの使い手としては強いので是非使わせたいですよね。
トゲキッスほどではないですが、ひるませることもできるので上手くはまれば強そうです。
2007.02.09 Fri 21:11 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://aonablog.blog54.fc2.com/tb.php/91-4e944745
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。